杉並区高円寺・阿佐ヶ谷の都甲紀子ピアノ教室 ~音楽の楽しみ~

杉並区高円寺の都甲紀子ピアノ教室 ~音楽の楽しみ~

ブログ ピアノの先生も練習中♪

桐朋 パスカル ドゥワイヨン先生の公開レッスン 阿佐ヶ谷ピアノ教室

2017-10-01


今日は娘が桐朋のアネックスでパスカル・ドゥヴァイヨン先生の公開レッスンを受けました。


曲目はバッハの平均律クラヴィーア第2巻の1番ハ長調のプレリュードとフーガ、

ショパンのエチュード 「木枯らし」です。

ドゥヴァイヨン先生のチラシが置いてあったので、パチリ。


レッスンの写真は残念ながら後ろ姿ですが、

本物の先生はこの写真そのままで、

にこやかで、親しみやすい雰囲気の方です。

フランス人ですが、英国ロイヤルアカデミーで教えていらっしゃるそうです。

今回は公開レッスンやコンサートの為に来日されています。

先生はピアニストとしも大変活躍されていて、超多忙だとか。

その魅力的な教え方から、生徒が習いたい先生で有名です。

通訳は先生の奥さまでもある若い日本人のピアニストの先生です。

(通訳が物凄く分かりやすく、日本語の語彙も多くて、すばらしかった)

さてさてレッスンの内容は、

まずバッハを通して弾きました。

ドゥヴァイヨン先生は弾いてくれながら説明してくれます。

プレリュードは細かい曲のアナリーゼ(分析)を分かりやすく、説明してくれました、

最初のメロディの弾き方の説明から惹きこまれました。

実際に弾いて説明してくれるので、とっても分かりやすい。

そして何より先生がピアノが上手い!笑

それからエネルギーに溢れています!

レッスンの内容は主にこんな感じ…

ハーモニーの調性の変化、

終止形は毎回柱を立てていくようにキチンと収める、

メロディが単調にならない、

最初のバスのCから印象的に始まり、最後の方のCもそれを受けて意識する、

細かく音のぶつかるとこら、

それが解けて行くところ、

などなど本当に細かく説明してくださいました。
フーガはテーマは最初の部分はヴイルトーゾ的に堂々と

その後に続く16分音符はそれよりも少し音量を控えて、

しかし生命力に溢れてノンレガート(スタッカートより長め)のように。

ノンレガートは腕の力を抜き、指の跳ね返りを利用しながら、少しずつ切る。

スタッカートだと弾くのも大変なので、ノンレガートで。

4声体全てが生き生きと。

全体的に活気に満ちて。

ショパンの「木枯らし」

弾き終わって、

「良く練習してあるね、世界的に見て女性の方が男性より音を外さないんだよな」と。

「どうしたらもっと派手になると思う?」と質問して考えさせてから、説明へ。

速いパッセージの右手をもっと力を抜いて、

全ての音をハメる事は考えずに、

エネルギーは腕でなく、体の方から来る、と。

そのように実践したらあっと言う間に、圧倒的に派手な音になりました!

後で娘も、先生の言葉で直ぐに楽に弾けるようになった、と言っていました。

…このようにレッスンは続き1時間あまり。

とても丁寧にみていただき、

母親共々、とっても勉強になりました!

これまた母親共々お世話になっている紅林先生からも

「とてもよく頑張りました。

また曲が仕上がったらみてもらいましょう」

と言っていただきました。

公開レッスンは実技の先生の推薦により受けられるのです。

またドゥヴァイヨン先生のレッスンを受ける日近々あると良いなぁ。

今から楽しみです!

お宝ゲットおめでとう!阿佐ヶ谷ピアノ教室

2017-09-30


練習して1000回のスタンプを集めると、

お宝がゲットできます。

男の子用を買っておいて良かった!

姉弟で同時にお宝ゲット!

喜んでくれて、私もとっても嬉しい!

またお宝を仕入れておくので、みんな練習を頑張ってね!💕

高円寺 鮨「波やし」阿佐ヶ谷ピアノ教室

2017-09-18


うちの旦那さんのお誕生日に何処に行きたいかと聞いたら、

なかなか予約が取れないと評判の鮨「波やし」に行きたいとのこと。

でもネットで調べたら予約は3年待ちだとか、

ホリエモンが通っていると、自分のブログに上げているとか。

その日は既に3日前だったので、予約は無理でしょ、と思いながらダメ元で電話をする事に。

希望の日は月曜日だったのだけれど、その日は定休日とのこと。

でも土曜日の6時から9時ならば2名さま、大丈夫ですよ、と言われて喜んで行きました。


場所は高円寺仲通りの中ほど。

実はこのお店の大将のお姉さんは私と同級生で、うちの母にピアノを習いに来てました。

実家も徒歩1分のところ。

もとはお父さんがここでお寿司やさんをしていたのを引継ぎ、鮨と割烹の名店に。

弟さんの大将は顔を見た記憶はないんだけれど、美人のお姉さんとよく似ていて目が大きくてとっても男前。

ひと目で分かりました。

食事はお任せのみ。

お酒は試飲が何回でも出来て、好印象でスタート。


3種の試飲の結果、選んだのは微発泡のこのお酒。

目の前で手際よく準備してくれて、お料理が出て来ます。



お刺身のお造りはイカはプチと音がしそうだし、赤貝も、歯ごたえから違う。

車海老はマコが乗っていてどれもとっても美味しかった!


上品なお出汁のお椀。


アワビの煮物

なんとかアワビと言っていたけれど何だったかな。

 
何かの中骨とフグのかわ?をスナックのようにサックサクに揚げたもの。

食べた時にはただ写真撮ってブログにアップするつもりは無かったからな。

ちゃんと覚えていませんね😓


たくあん、ミョウガなどの和風サラダ。

でもドレッシングは見当たらないので、元々に味を付けてあるみたい。


松茸の焚き物。

お米がプチプチしていたので今考えるとお米でない、他の穀物だな。


バクダン、と言われるもの。

海苔に巻いて食べます。

ひき割り納豆が入っているのだけど、ここのバクダンは海鮮の率が高くてまた美味しい!


タコの柔らか煮


メヒカリの焼き物


牡蠣。

ここまでに既に4杯飲んでいた私はこの後のお寿司の写真を取り損なうという、痛恨のミス。。。

後で旦那さんに聞いたら、お寿司は漬けマグロ、コハダ、イクラかトビコだったと。

それからお料理ももう一品あったと。

私も旦那さんも酔っていたのでした笑

でも食べながら、何で人気店なのかよく分かりました。

美味しいのはもちろん美味しい!

でも大将の姿勢がサービス精神に溢れていてホスピタリティ、「おもてなし」に溢れているんです。

お酒がいくらでも試飲できるのは書きましたが、食事が進んで行くと、

まだお食事出して大丈夫ですか?、と程よいタイミングで聞いてきます。

お寿司も、お好きな物はありますか?

半分半分のネタを乗せることもできますよ、

とこちらを満足させる事にとても気を配ってくれます。

カウンター10席のお店だからこそ、出来ることですね。

ご馳走さまでした!

また是非行きたいお店です👍

カワイのおもちゃのピアノ 阿佐ヶ谷ピアノ教室

2017-09-10


美容院へ表参道に行ったついでに

クラシック音楽情報誌「ぶらあぼ」をもらいにカワイ楽器へ。


お店に入るなり、ミニミニピアノが陳列されていました

可愛い!可愛すぎる!!

木目可愛い!

ママの視点だと、これはインテリア的に馴染みやすいですよね!

本当のグランドピアノではあり得ないけどー笑

このアップライトピアノの脚の形!

本格的だわー

やっと歩けるくらいのぼく。

ピアノをガチャガチャと叩いて、楽しく遊んでいました。

この後にママが来て一緒にガチャガチャしていたけども、

内心、この子はピアノに興味があるのかしら?

その内習わせようかしら?

と思ったに違いない笑

いや、私もそう思いましたよ!

ぼく、4歳になったらピアノならうんだよって。

大人が見たって弾きたくなるミニミニピアノ。

子どもにとってはもっと魅力的ですね。

このピアノ、ピアノの導入になかなかによいかもなと思いました。

そんなに高くないのね?

https://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&k=カワイ+おもちゃ+ピアノ&i=aps&linkCode=plm&tag=waciatdnd-22&hvadid=181707130492&hvpos=1t1&hvnetw=g&hvrand=382772902133921817&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=e&hvdev=m&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1028853&hvtargid=kwd-7771618527&ref=pd_sl_9g72vwd30z_e
オマケです。

こんな本もありました。


「ピアニストのためのヨガ入門」

へー!そうだよね、ピアニストにはヨガ、必要よ!うんうん。

その横にあった「指ヨガ健康法」

え、これ、ピアニストに必要?!

「指ヨガ健康法」

ピアニストは瞑想付きでいつもやっているんじゃない?

と思ったのでこちらは手に取りませんでした笑

キーシン自伝を読む 阿佐ヶ谷ピアノ教室

2017-09-08


アマゾンで買い物中に、ふと見たら気になりまして、

早速購入して読んでます。


夕食後、ワイン飲みながらーー。

先ずはこのワイン、美味しいです笑

エノテカでまとめ買いしたのですが、これが一番美味かったな👍
さてさて、キーシンについて。

キーシンを生で最初に聴いたのはキーシンが15歳の時。

東京公演で場所はどこだったかなー。

曲目もはっきり覚えていないけれど笑

ソロリサイタルでした。

とにかくこの世離れして、浮き世離れした、

天使が弾いているような音楽でした。

テクニックがどうのこうの、なんてことには着目しないくらい自然なテクニックで、

「神様に選ばれた子」

「それに応える神の子」

って感じでした。

本当に才能があるのに、それをひけらかすとか

適当に力を抜くとか

聴く人を蔑むとか

もう一切ない!

音楽に身を捧げた天才少年、という感じでした。

本当に心洗われるようで、

このコンサートに来てよかったと、

胸がいっぱいで帰ったのを憶えています。

更にキーシンが凄いのは

いつ聴いても真撃な演奏です。

YouTube全盛のこの時代

やはりYouTubeで見ますよね〜

でも

「おれ、今日はやる気ねーし、テキトーに弾きました」

なんて演奏には全くお目にかかったことがない!

その曲の弾き方が好きか嫌いかは別にしても

どんな曲を弾いても、どんなコンサートでも

キーシンは音楽の神様の足元にひれ伏したまま

「神の子キーシン」のまま…

世界最高の巨匠ピアニストのになって久しいのに

現在45歳になった今も

全く奢ることなく

良い意味でマイペースで世の中に左右されることなく

こんな人いるんだなぁ。。。

キーシンには邪心とか存在しないのかしら?!

と思うほどです
さて、そんな「キーシン自伝」

……感想は……またにしよう笑
キーシンのYouTube貼ります

私が聴いた頃のキーシン、可愛すぎだわ。

でも見た目の可愛さよりもその天才性が印象に残る↓↓↓

ミックスリスト50曲↓↓↓

まーーー ーー 、美しいです!!!

1 / 14612345...102030...最後 »

Copyright© 2012-2017 都甲紀子ピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com