杉並区高円寺・阿佐ヶ谷の都甲紀子ピアノ教室 ~音楽の楽しみ~

絶対音感練習中♪Gちゃん方式

      2019/11/28

小1のGちゃんは歌が大好き。

毎回学校でやっている歌などをピアノで弾いてくれます。

そのGちゃんの絶対音感の聞き取り方に毎回感心しているので、動画を撮らせてもらいました。

ご覧ください。

Gちゃん、全部出来て嬉しそうで可愛いですね^ ^

さあ、歌い方に注目してください。

♪クロ〜ラ〜ド〜ファ〜〜

は一番低い和音なので低い声色で太く。

♪ピンク〜ソ〜シ〜レ〜

は一番高い和音なので高そうに歌い、

その他の和音も全部、声色が微妙に違うのが聴き取れます。

毎回同じようにクロラドファはクロラドファらしい声色、ピンクソシレはピンクソシレらしい声色で歌います。

これはGちゃんが全ての和音の違いを「感じて」歌い分けているんです。

これは実はすごいことなんです!

絶対音感の訓練のために役立つのはもちろんですが、音楽には全てに役立ちます。

例えば、音大生が弾くような難しい曲があったとしますね?

それを「指を動かして弾く」事と、

「音の違いを感じて弾く」のとでは全然違うのです。

例えば、今はパソコンで楽譜を音にすることはあっという間に出来てしまいます。

でも人間が音楽をやる時には「感じる」ものですから、そこに当たり前ですが「違い」が生まれて来て、それにより素敵な音が鳴ったり、感動が生まれたりするわけです。

Gちゃんのように音の違いを感じられれば、自然に音楽は生まれて来るんです。

具体的には何かメロディがあったとします。

よくあるのは歌わずに指だけ動かしています。

それだけでも音の羅列は弾けてしまいますが、音楽は生まれて来ません。

全てのメロディは「歌」なので、前よりほんの少し上がったとか下がったとかの違いをよーく「感じて」弾き分けて行く必要があります。

またハーモニーもそうです。

長調から短調になったとか、バスが半音階で下がって行くとか、暗い感じから鮮やかな感じになったとか…

全て音の違いを「感じて」それを表現して行くんですよね。

この「感じる」ことはなかなか教えられません。

「ここは前の音よりも〇度上がっているから、クレッシェンドして盛り上がるよね」など細かく説明したとしても、

最後は「だから歌ってね」「感じて弾いてね」としか言いようがありません。

だから「少しの音の違いを感じて歌っている」このGちゃんの絶対音感のやり方に心から感心するんです。

Gちゃん、ほんとに素晴らしいですね!!

これからもピアノを通して音楽を楽しんで行きましょうね!

 - ピアノ, ピアノが上手くなる練習法, 杉並・高円寺・阿佐ヶ谷, 桐朋音大受験, 生徒さんの声, 絶対音感

  関連記事

no image
歌えバンバン練習用動画 阿佐ヶ谷ピアノ教室

あと一週間でピアノ発表会のリハーサルの日です! 発表会までカウントダウンが始まっ …

no image
トッパン練習日記 杉並公会堂リハーサル

日々、 リサイタルに向けての用事が続いています 今日は杉並公会堂小ホールで本格的 …

no image
ポタージュの応用

そうそう! 昨日のグリンピースの冷製ポタージュには応用編があります。 ジャガイモ …

no image
不死身の豆苗

豆苗、って売ってますよね。 この間、スーパーで買った豆苗のパック。 「根付きなの …

no image
もう一つの卒業 ピアノ教室

ピアノをより専門的に学ぶ時にバッハは必須です 小さいバッハから始まり、二声のイン …

no image
1/8 今日のレッスンから 阿佐ヶ谷 ピアノ教室

今日はお昼頃ヨガに行き、2:30からレッスン。 祝日なので家族が家にいて、朝昼晩 …

no image
柔らかい手はピアノが上手いか

となりの妹がやって来て、 「ほら私も出来るよ!」 とブログの写真と同じ手の形をや …

no image
桐朋学園 レッスン室

懐かしくて桐朋の中をあちこち歩き回りました。 毎週個人レッスンがあったのが316 …

no image
お宝ゲット年長Aちゃん 阿佐ヶ谷ピアノ教室

幼稚園に通うAちゃん 毎日の練習を頑張り お宝ゲットおめでとう♪♪ Aちゃん、ラ …

no image
生徒の練習用 「聖者の行進」

秋は小学校の学芸会に、連合音楽会などがあり、生徒が学校でピアノを弾くチャンスがい …