杉並区高円寺・阿佐ヶ谷の都甲紀子ピアノ教室 ~音楽の楽しみ~

韓国ソウルの演奏会の記事が出ました♪

   

12月17日、韓国ソウルのカンナムでの演奏会が決定しましたが、そのコンサートについて先ほど「月間レビュー」のインタビューを受けて、すぐに記事にしてくださいました。とても内容が良いので、日本語訳を貼ります。

https://ireview.kr/13400

日本の名ピアニスト都甲紀子来韓公演

スローフード忘年会、韓日間の友愛あふれる公演

12月17日 シャロンホール開催

・韓国語で解説し演奏する最初の日本のピアニスト

艶談舞踊、合同御道と呼ばれた。 「お互いに欲を捨てて心を空にすれば、宇宙と一つになる」という話だ。 韓国と日本の演奏者たちがこのような姿勢で会って一つの演奏会を用意したらどんなに良いだろうか。 ところが、そのようなことが実際に起きることになった。 日本の名ピアニスト都甲紀子が来韓、12月17日午後5時シャロンホールで韓国音楽家たちと共に美しい舞台を繰り広げることにした。
「紀子という名前はありふれた女性の名前です。 私が生まれた時、父が辞書を直接広げて漢字「紀子」(記者)を私の名前に決めました。 紀元節は日本が始めた記念日ですが、わが家の「第一子」という意味に決めました。「都甲紀子は家の願い通りに叶ったのだろうか。 韓国で韓国語で直接曲を解説しながら演奏する最初のピアニストになったからだ。 都甲紀子はどのようにして韓国の演奏者たちと縁を結ぶことになったのだろうか。 今回の舞台は、都甲紀子のほか、ソプラノのソン·ナンヨン、バリトンのソク·サングン、ピアニストのシン·ジョンヘらとともに華麗な12月を飾ることにした。

「11月に東京で演奏会をしたんですが、Facebookに演奏会のチラシを投稿したんですよ。 その時、韓国のキム·センギ社長が私のポスターを見て、すぐYouTubeで検索されたようです。 ソウルで韓国の音楽家たちと一緒に演奏会をしてほしいと提案したんです。 本当に驚くべき提案でした。 コロナ時代に皆が演奏会の公演に後ろ向きな雰囲気の中で、このように活発な事業家がいるという点で驚きました。 韓日の演奏者が一つの舞台を作るアイデアを出したことにまた驚きました。 そのように今回の演奏会を準備しました」

・20代の大病、しばらく中断、闘志と意志で演奏再開

ピアニストの都甲紀子は代々日本のミュージシャンの家に生まれた。 曽祖父は作曲家の小松耕輔

わで日本音楽著作権協会を設立し、日本で初めて合唱コンクールを開催するなど、日本音楽界の基盤を築いた音楽家だ。 紀子はそんな家で祖母の内藤美枝と母の都甲泰子の下で3歳からピアノを始めた。
紀子は桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学を卒業、在学中にロシアに短期留学し、モスクワ音楽院の主任教授Dorenskyに師事した。 卒業後、米国に渡り、ニューヨークのジュリアード音楽院(The Juilliard School)主任教授だったStessinに師事し、ニューヨークのフォーダム大学(Fordham University)でリサイタルを開催した。
帰国後は東京音楽大学研究科を修了した。 その後、モーツァルトウム音楽大学夏季国際音楽アカデミー、アスペンミュージックスクールなどに参加し、演奏を重ねた。
「ところが、20代の時に突然訪れた病気のせいで、長い間演奏活動ができませんでした。 しかし、諦められず、死ぬ気で再び演奏活動を再開したのです。 その時、ちょうど韓国語の勉強も始め、韓国語でトークをしながらの演奏会をいつかは必ずやりたかったんです。 それが私の夢になりました」
夢はかなう! 投稿をキム·センギ社長が発見し、直ちにソウルまで招待したのだ。 紀子には実に信じられない演奏会になったわけだ。 文字通り信じられない幸運だ。 キム·センギ社長は、韓国スローフード協会のイ·ジンヒ支部長とともにシャロンホールを押さえた後、プログラムを組むなど、一瀉千里に進めた。
「私は演奏会のほとんどを自分で企画して主催しています。 司会から伴奏まで全部担当するんです。 観客を楽しませたくて、「音楽の楽しみ」というタイトルで活動しています」

ソン·ナンヨン、ソク·サングン、シン·ジョンヘなど韓国音楽家の友情出演

紀子は日本でもショパン専門ピアニストとして知られている。 これまでそのような活動を中心にしてきた。 20代で自律神経失調症で演奏活動を断念しなければならなかったが、彼女は紅林こずえ門下Music Twig 20周年記念演奏会で「ラプソディ·イン·ブルー」を演奏、大好評を博し演奏活動を再開した。

続いて荻窪音楽祭で「音楽の楽しみ」というタイトルのコンサートを開催し始めた。 その後、「音楽の楽しさ」という名前で聴衆を楽しませる多様な楽器、演奏者として出演し、直接司会、ピアノソロ、2台ピアノ、伴奏まで消化するコンサートを周期的に開催した。 これまで「音楽の楽しみ in HAKUJU HALL」、「ルーテル武蔵野教会ファミリーコンサート」などを公演し、毎回満席を記録している。 また、TOP PAN HALLでソロリサイタル、SONORIUMで「ブラームスの夜」を開催し好評を博した。 2022年11月には「音楽の楽しみ名曲コンサート」を開催し、現在後学の養成にも力を入れている。
今回の舞台で紀子はショパンのワルツ64-2、子犬のワルツ、遺作、即興幻想曲、英雄ポロネーズなどを演奏し、韓国人音楽家としてはソプラノのソン·ナニョンが「Omio babbino Caro」と「Have yourself a merry little Christmas」を、バリトンのソク·サングンが「舟歌」、オペラセビリアの理髪師「Largo al factotum della Citta」などを歌うのに続き、デュエット曲でオペレッタ「楽しい未亡人」は「楽しい沈黙」 ピアニストのシン·ジョンヘはA.Piazollaの「Liebertango」を演奏する。
紀子は、「今回の演奏会を通じて、韓日間の暖かいピアニズムと音の調和を満喫することを願う」とし、多くの韓国の方々が一緒にしてくれることを呼びかけた。

お問い合わせ 010-3415-1433

 - Topics, ピアノ, 桐朋音大受験, 都甲演奏

  関連記事

絶対音感練習中♪ 3歳 Mちゃん

3歳のMちゃんが、絶対音感のトレーニングが和音のカード14枚まで来ています。 先 …

no image
教室の電話番号が変わりました 阿佐ヶ谷ピアノ教室

2017年より教室の電話番号が変わりましたので、お知らせします。 新電話番号は0 …

発表会の動画と格闘中

去年、一昨年と発表会の動画や私の動画をアップ出来ておらず、 現在格闘中です。 動 …

no image
トッパン練習日記 通し練習

リサイタルまであと少し 毎日、通しの練習をしています ピアノはもちろん、MCも …

Mちゃんのアラベスク2番 物語りイメージ♪

小6のMちゃんはドビュッシーのアラベスクの2番が本当に仕上がってきています。 弾 …

no image
ピアノ発表会 プログラム完成!

発表会まであと10日程! やっとプログラムが出来ました! 今年もまた校正は妹がや …

東京都内おすすめピアノ教室50選に掲載していただきました♪

テラコヤプラスというサイト https://terakoya.ameba.jp/ …

ソルフェージュ個人レッスン始めます♪

木曜日担当の古門詩帆先生は、「桐朋の子供のための音楽教室」を掛け持ちして教えて行 …

お礼のお花とお手紙

今は中学受験が盛んなので、小学校高学年になり塾の勉強が忙しくなると、どうしても …

中西先生の配信動画のお知らせ♪

音楽の楽しみの発表会によくゲストで出ていただいている、チェロの中西哲人先生のコン …