杉並区高円寺・阿佐ヶ谷の都甲紀子ピアノ教室 ~音楽の楽しみ~

日本クラシック音楽コンクール審査をしてきました

   

昨日は日本クラシックコンクール(通称クラコン)東京予選の審査員をしてきました。

朝10時半集合、11時より幼児の部から始まり、大学生、大人までお休みを挟みながら夕方6時まででした。

長いなと思っていましたが、全員違う曲を弾かれるので、楽しんで聴くことができました。

クラコンの予選の通過点は70点です。かなり予選は通りやすいので、多くの方が通過されていました。

講評を書く欄は2つあり、上によかったところ、下にもう少し直した方が良いところを書きます。

そして点数を書くので、

小さいお子さんは曲が短く、あっという間終わってしまうので、講評を書くこちらも大忙しで大変笑笑

小学校中学年位まではそのような状態でした。

会場の杉並公会堂小ホールは、200人弱のキャパで響きもちょうど良いホールです。小さいお子さんが弾いてもよく聞こえ、大人の方が弾かれてもうるさいと言う事はありません。

小さいお子さんの時は客席に30人ぐらいの方がいたと思いますが、大学生以上になると、ほとんど観客はいなくなりました。

審査員の先生は他にお二人で、合計3人での審査でした。

高得点と低得点をカットしたのが本人の点数となるので、3人の審査員だと、中位の点をつけた先生の点数がそのままその人の点数となります。

クラコンの特徴は、男女分かれての審査をすると言うことです。

小学校低学年女子の部、小学校低学年男子の部、というふうにです。

クラコンを主宰されている方がご挨拶にみえましたが、男女を分ける世界でただ1つのコンクールだ、と言っておられました。

やはり男子の方が音が大きいので、女子が見劣りしたり、反対に小さい時は女の子の方が器用で上手だったりするので、分けているんだとおっしゃっていました。

予選も全国で100カ所以上あるそうで、とても大規模なコンクールです。

講評を書くのは忙しいのですが、違う曲をどんどん弾いてくれるので、良いところと直した方がよいところと考えながら書くのはなかなか楽しい作業です。

昨日は参加者は43名でしたが、今週末には1日で70人の参加者がいるそうで、そうなると審査員も1人の人が全部を聞くのはあまりに大変なので、審査員の先生の入れ替えをするそうです。

ちなみにお昼にお弁当と、3時ごろにはデザートも出て、待遇がよく、おいしくいただきました笑笑

講評で直したほうがいい所について書いた内容については、また次回、書きたいと思います。



 - ピアノ, 杉並・高円寺・阿佐ヶ谷, 桐朋音大受験

  関連記事

no image
石橋メモリアルホールでのコンサート ピアノ教室

日曜日に石橋メモリアルホールであった演奏会に真子が出演し バッハの平均律第一巻よ …

ベーテン音楽コンクールの募集要項

近頃あちこちのコンクール事務局からコンクールの募集要項が送られて来ます。 昨日来 …

no image
発表会直前のレッスン 高円寺ピアノ教室

さあさあ、もう発表会は目と鼻の先! 皆頑張りましたよ〜! 今年は例年より発表会が …

桐朋祭超絶技巧選手権の動画♪(2週間限定公開)

毎年この時期に開催される、桐朋祭。そのメインイベントの超絶技巧選手権。 今年も …

no image
二台目のグランドピアノ

今日は前から探してもらっていたピアノを見に行きました。 え?先生のレッスン室はピ …

no image
ノンアルコールビールを飲んで。

買って来たノンアルコールビールを全部飲んでみました。 これと、アサヒのスーパード …

no image
生徒の練習用 「聖者の行進」

秋は小学校の学芸会に、連合音楽会などがあり、生徒が学校でピアノを弾くチャンスがい …

no image
朝ごはんは鍋

ここの所、朝起きると肌寒いですねー。 夏は朝に大量のサラダを食べていたけれど、秋 …

no image
高円寺 美容室「マザーネイチャーズ サン」

月一位で美容院に行きます。 ここ数年森さんと言う人にお願いしています。 以前に森 …

no image
一番弾きにくいのは何の指?

指は全部で5本。 さー、ピアノを弾く時に何の指が一番弾きにくいと思いますか? 小 …