杉並区高円寺・阿佐ヶ谷の都甲紀子ピアノ教室 ~音楽の楽しみ~

ピアノを始める適齢期 阿佐ヶ谷ピアノ教室

      2018/01/19

「何歳からピアノを始められますか?」

このような質問がよくあります。

今日も

「2歳半の息子がピアノ習いたいのですが、何歳からレッスンを始められるでしょうか?」

とお問い合わせがありました。

正直言って、それはお子さんにピアノを専門的に学ばせたいか、

それとも趣味で本人が楽しくピアノを弾けるようになりたいか、

これによって変わって来ます。

将来音楽を専門的に学ばせたい、音大進学も視野に入れている、という場合は、やはり4歳前には始めたいですよね。

専門的にピアノを学べるお子さんは、このくらいの月齢でもピアノを弾き始められることが多いのです。

しかし趣味で音楽を楽しみたいとお考えの場合は、以下のようなお返事をしています。

そのお返事をこちらにも書いておきます。

何歳から始めることが出来るかと、お問い合わせをいただくことが多いのですが、大体のお子さんが始められるのは4歳ちょうどの頃です。

比較的言うことを聞きやすい、女のお子さんの方が早くに始められることが多いのですが、

女のお子さんで早くて3歳半です。

しかしながら4歳のお誕生日が過ぎてもまだ早すぎるな、と思うお子さんもいて、個人差が大きいのです。

その場合続けて行くと、毎日のピアノの練習がだんだん嫌になり、お母さんも怒らなければならず、お子さんもお母さんもストレスを感じ、ピアノを嫌いになってしまうこともあるのです。

ですからちょうど良いタイミングで始めることが肝心です。

始められる条件としては、

1.本人が言うことをよく聞く、若しくは

2.ピアノを本人がやりたいと希望している、そのどちらかが必要になります。

男の子のお子さんは4歳直前に体験に来ていただいて、様子を見ています。

楽しく始められそうならばそのタイミングで始めたら良いと思います。』

少しでも早くにピアノを始めさせたい、との想いは本当に親御さんの愛情に依るもので、とても理解できます。

しかし早すぎるのは返ってピアノを嫌いにさせてしまう状況になってしまうかも知れないのです。

4歳では早かったお子さんも、5歳で始めれば楽々と付いて来られて、ピアノが楽しくなることがよくあります。

前はレッスンを引き受けたからには、となんとかレッスンしていましが、今はレッスンを始めて少しして、これはまだ早すぎるな、嫌いになるかも知れない、と感じたら、

この続きは暫くしてからにしませんか?

と提案しています。

事実、その方が良いお子さんもいらして、それは良いとか悪いではなくて、

「そのお子さんなりのピアノを始める適齢期の差」

であるに過ぎないのです。

ですからピアノを始める適齢期は専門的に学ばせたい場合は「3歳〜4歳」。

そうでなければ「4歳0ヶ月〜5歳0ヶ月」と思っています。

追記:遅めに始めても、その後グングンと上手くなり、音大に行かれた方も少なくないので、やはり始める適齢期はそのお子さんそれぞれだと思います。

これが結論です^^


 - ピアノ, 杉並・高円寺・阿佐ヶ谷, 桐朋音大受験, 絶対音感

  関連記事

no image
iPhone4から投稿

iPhone5にしましたよね。 更にその少し前にパソコンも買い替えているんです。 …

no image
ピアノ教室レッスン日記 毎日2時間練習

レッスン日記をもう一つ 小学一年のお子さんをもう一人 年中さんの時から来ているこ …

no image
調律の話 (レッスン室)阿佐ヶ谷ピアノ教室

レッスン室にあるヤマハは もともと母が大学生の時に購入した物 YAMAHAのロゴ …

no image
沼尻竜介さんの編曲 桐朋音大 ピアノ教室

今年の発表会で二台ピアノを2曲弾きます どちらも沼尻竜典さんの編曲です。 一つは …

no image
柔らかい手はピアノが上手いか

となりの妹がやって来て、 「ほら私も出来るよ!」 とブログの写真と同じ手の形をや …

no image
杉並区少年サッカーの試合

本日は息子のサッカーの試合当番で三谷小学校に行きました。 杉並区の少年サッカーチ …

発表会前のレッスン 阿佐ヶ谷 ピアノ教室

発表会に向けて生徒さんはみんな頑張っています。 モーツァルトのピアノソナタ k5 …

no image
オフの日は  阿佐ヶ谷ピアノ教室

ピアノ教室のオフの日 普段仕事で家にずっといるので、出かけたくなりますね 何も遠 …

no image
ピアノ発表会 今年のゲスト

毎年、我がピアノ教室の発表会 〜音楽の楽しみ〜ピアノ発表会 にゲストをお呼びして …

no image
暗譜の固定化その1〜ピアノ超簡単練習法〜

ピアノの発表会も迫って来ました! ギリギリになると気になるのが「暗譜」です。 小 …