杉並区高円寺・阿佐ヶ谷の都甲紀子ピアノ教室 ~音楽の楽しみ~

ピアノを始める適齢期 阿佐ヶ谷ピアノ教室

      2018/01/19

「何歳からピアノを始められますか?」

このような質問がよくあります。

今日も

「2歳半の息子がピアノ習いたいのですが、何歳からレッスンを始められるでしょうか?」

とお問い合わせがありました。

正直言って、それはお子さんにピアノを専門的に学ばせたいか、

それとも趣味で本人が楽しくピアノを弾けるようになりたいか、

これによって変わって来ます。

将来音楽を専門的に学ばせたい、音大進学も視野に入れている、という場合は、やはり4歳前には始めたいですよね。

専門的にピアノを学べるお子さんは、このくらいの月齢でもピアノを弾き始められることが多いのです。

しかし趣味で音楽を楽しみたいとお考えの場合は、以下のようなお返事をしています。

そのお返事をこちらにも書いておきます。

何歳から始めることが出来るかと、お問い合わせをいただくことが多いのですが、大体のお子さんが始められるのは4歳ちょうどの頃です。

比較的言うことを聞きやすい、女のお子さんの方が早くに始められることが多いのですが、

女のお子さんで早くて3歳半です。

しかしながら4歳のお誕生日が過ぎてもまだ早すぎるな、と思うお子さんもいて、個人差が大きいのです。

その場合続けて行くと、毎日のピアノの練習がだんだん嫌になり、お母さんも怒らなければならず、お子さんもお母さんもストレスを感じ、ピアノを嫌いになってしまうこともあるのです。

ですからちょうど良いタイミングで始めることが肝心です。

始められる条件としては、

1.本人が言うことをよく聞く、若しくは

2.ピアノを本人がやりたいと希望している、そのどちらかが必要になります。

男の子のお子さんは4歳直前に体験に来ていただいて、様子を見ています。

楽しく始められそうならばそのタイミングで始めたら良いと思います。』

少しでも早くにピアノを始めさせたい、との想いは本当に親御さんの愛情に依るもので、とても理解できます。

しかし早すぎるのは返ってピアノを嫌いにさせてしまう状況になってしまうかも知れないのです。

4歳では早かったお子さんも、5歳で始めれば楽々と付いて来られて、ピアノが楽しくなることがよくあります。

前はレッスンを引き受けたからには、となんとかレッスンしていましが、今はレッスンを始めて少しして、これはまだ早すぎるな、嫌いになるかも知れない、と感じたら、

この続きは暫くしてからにしませんか?

と提案しています。

事実、その方が良いお子さんもいらして、それは良いとか悪いではなくて、

「そのお子さんなりのピアノを始める適齢期の差」

であるに過ぎないのです。

ですからピアノを始める適齢期は専門的に学ばせたい場合は「3歳〜4歳」。

そうでなければ「4歳0ヶ月〜5歳0ヶ月」と思っています。

追記:遅めに始めても、その後グングンと上手くなり、音大に行かれた方も少なくないので、やはり始める適齢期はそのお子さんそれぞれだと思います。

これが結論です^^


 - ピアノ, 杉並・高円寺・阿佐ヶ谷, 桐朋音大受験, 絶対音感

  関連記事

no image
「月間スターラリー」優勝!

さあ、発表します! 2012年10月度「月間スターラリー」 優勝者は! 小学校3 …

no image
ピアノ超簡単練習法 「手首は高めに」

桐朋音大の恩師 紅林先生がいつも言っています 「手首は高めに保って弾くのが良い」 …

no image
絶対音感完成Mちゃん! 阿佐ヶ谷ピアノ教室

当ピアノ教室では絶対音感の教育に力を入れています。 レッスンでは全員に絶対音感の …

no image
桐朋学園文化祭 阿佐ヶ谷ピアノ教室

先日、娘の通う桐朋の学園祭に行って来ました♪ 学園祭は大学、高校と同期間に開催さ …

no image
小松耕輔を調べている方のサイト ピアノ教室

昨日、『曾祖父、小松耕輔の継承会の方から電話があった』と記事に書いたら、 いつも …

no image
「なぜピアノを習うのか」記事 阿佐ヶ谷ピアノ教室

こんな記事を見つけたのでご紹介♪ 私は飽くまでも 「ピアノが楽しいから、 ピアノ …

no image
テスト投稿

こちらはテストです。

no image
お宝ゲットのご紹介♪ 阿佐ヶ谷ピアノ教室

教室の名物企画 「1000回スタンプお宝ゲット♪」 お家での練習1000回毎にお …

no image
高円寺 美容室「マザーネイチャーズ サン」

月一位で美容院に行きます。 ここ数年森さんと言う人にお願いしています。 以前に森 …

no image
小松耕輔ピアノソナタの楽譜 阿佐ヶ谷ピアノ教室

私のひい祖父、小松耕輔の作品 ピアノソナタを練習していたら、母が楽譜を探し出して …