杉並区高円寺・阿佐ヶ谷の都甲紀子ピアノ教室 ~音楽の楽しみ~

ピアノを始める適齢期 阿佐ヶ谷ピアノ教室

      2018/01/19

「何歳からピアノを始められますか?」

このような質問がよくあります。

今日も

「2歳半の息子がピアノ習いたいのですが、何歳からレッスンを始められるでしょうか?」

とお問い合わせがありました。

正直言って、それはお子さんにピアノを専門的に学ばせたいか、

それとも趣味で本人が楽しくピアノを弾けるようになりたいか、

これによって変わって来ます。

将来音楽を専門的に学ばせたい、音大進学も視野に入れている、という場合は、やはり4歳前には始めたいですよね。

専門的にピアノを学べるお子さんは、このくらいの月齢でもピアノを弾き始められることが多いのです。

しかし趣味で音楽を楽しみたいとお考えの場合は、以下のようなお返事をしています。

そのお返事をこちらにも書いておきます。

何歳から始めることが出来るかと、お問い合わせをいただくことが多いのですが、大体のお子さんが始められるのは4歳ちょうどの頃です。

比較的言うことを聞きやすい、女のお子さんの方が早くに始められることが多いのですが、

女のお子さんで早くて3歳半です。

しかしながら4歳のお誕生日が過ぎてもまだ早すぎるな、と思うお子さんもいて、個人差が大きいのです。

その場合続けて行くと、毎日のピアノの練習がだんだん嫌になり、お母さんも怒らなければならず、お子さんもお母さんもストレスを感じ、ピアノを嫌いになってしまうこともあるのです。

ですからちょうど良いタイミングで始めることが肝心です。

始められる条件としては、

1.本人が言うことをよく聞く、若しくは

2.ピアノを本人がやりたいと希望している、そのどちらかが必要になります。

男の子のお子さんは4歳直前に体験に来ていただいて、様子を見ています。

楽しく始められそうならばそのタイミングで始めたら良いと思います。』

少しでも早くにピアノを始めさせたい、との想いは本当に親御さんの愛情に依るもので、とても理解できます。

しかし早すぎるのは返ってピアノを嫌いにさせてしまう状況になってしまうかも知れないのです。

4歳では早かったお子さんも、5歳で始めれば楽々と付いて来られて、ピアノが楽しくなることがよくあります。

前はレッスンを引き受けたからには、となんとかレッスンしていましが、今はレッスンを始めて少しして、これはまだ早すぎるな、嫌いになるかも知れない、と感じたら、

この続きは暫くしてからにしませんか?

と提案しています。

事実、その方が良いお子さんもいらして、それは良いとか悪いではなくて、

「そのお子さんなりのピアノを始める適齢期の差」

であるに過ぎないのです。

ですからピアノを始める適齢期は専門的に学ばせたい場合は「3歳〜4歳」。

そうでなければ「4歳0ヶ月〜5歳0ヶ月」と思っています。

追記:遅めに始めても、その後グングンと上手くなり、音大に行かれた方も少なくないので、やはり始める適齢期はそのお子さんそれぞれだと思います。

これが結論です^^


 - ピアノ, 杉並・高円寺・阿佐ヶ谷, 桐朋音大受験, 絶対音感

  関連記事

no image
ピアノ発表会に向け始動♪

毎年、ピアノ教室の生徒さんの発表会が7月にあります 今日は皆さんにプログラムに載 …

都甲紀子ピアノリサイタル バナー2

HPの右に都甲紀子ピアノリサイタルのバナーを作って頂き、詳細を書き込みました ご …

no image
発表会動画11歳 阿佐ヶ谷ピアノ教室

本日は動画を沢山アップしました^^ 今回ご紹介するのは11歳のRちゃん ショパン …

no image
もう一つの卒業 ピアノ教室

ピアノをより専門的に学ぶ時にバッハは必須です 小さいバッハから始まり、二声のイン …

no image
アスペンの玲君、コンサート話

皆さんはピアニストは譜読みしてからどの位で本番にのぞむとおもいますか? まあ、ソ …

no image
リサイタルに遠方の友人が

神戸の友人にチラシを送りました 元々、計画段階から応援してくれていた友人 あの! …

no image
ブログに載せてね!

運動会の前日、真子が何かを一生懸命縫ってました。 11時ごろやっとキリが付いたら …

桐朋音高 卒業演奏会 阿佐ヶ谷 ピアノ教室

今日は朝からレッスンをして、午後からは今年中3になる息子の塾の保護者会へ。 学校 …

no image
高円寺のタウン誌 ハッピー11月号

昨日、遅くに高円寺のタウン誌「Happy」が完成し、家に持って来てくれました。 …

no image
小学校の子どもまつり

本日は午後から小学校の子どもまつりがあり、PTAのお手伝いで夜まで学校にいました …