杉並区高円寺・阿佐ヶ谷の都甲紀子ピアノ教室 ~音楽の楽しみ~

杉並区高円寺の都甲紀子ピアノ教室 ~音楽の楽しみ~

アスペンの玲君、コンサート話その2

2012-05-21

さあ、
アスペンの話の続きです。

コロラド州 アスペンで行われている、アスペン ミュージック スクールはアスペン音楽祭の一環として毎年開催されています。

私が参加したのはもう、20年位前の話。

世界的に有名な巨匠から学生まで、毎日コンサートがあちこちでありました。

昼は大体、カフェテリアで食べてたから、日本人の友達とその日にどのコンサートに行くか、確認しあってました。

「ねえねえ、今日のミュージックホールでのコンサートいくー?」

私が聞いたら周りの皆もうなずき、
「行くよ、今日クラリネットのリサイタルだよね」

前回登場の江口玲君も
「僕も聞きに行くよ、じゃあ後でねー」

ランチのあとはそれぞれ自分のレッスンや練習、人のレッスンを聞いたりして過ごし、さて夕方。

皆でミュージックホールで集合。

あれ、玲くん、何で白いスーツ着てんの?蝶ネクタイまで…。

「僕ね、あの後部屋に帰ったら留守電が入っててね…。」

そのミュージックホールでのリサイタルの伴奏をして欲しいと!!

で、慌ててスーツを着て、リハーサルをしに行って、一回通したところでもう本番!!!

自分が聞きに行こうと思っていた数時間後のコンサートに自分が出ているなんて!!

玲くんはさすがにガチガチになって楽譜に喰いつかんばかりに凝視して伴奏してました。

…だけど、ほぼノーミスだったんだよな、これが。

玲くんは作曲科出身。
作曲家はオーケストラのフルスコアをいっぺんに読まなきゃならないから、初見(譜読み)の訓練を凄い積んでいるんです。

今回はその訓練の賜物。

私は心から感心しました。

後で聞くとクラリネット奏者の人が決まっていた伴奏者と合わせをしたら、余りに下手で困っていた所に玲くんの噂を聞いたらしい。

で、伴奏依頼が来たんだとか。

でもその依頼を受けられることが凄い!
リサイタルだから1時間半位あったんだから!!

世の中広い!と感心した忘れられない「事件」でした。

これだけ話を書いたのだから写真も載せるか。

20120521-215421.jpg

でね。
玲くんネタはまだ続くんです。

ではまた明日ね。

 


Copyright© 2012-2017 都甲紀子ピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com